催眠のかけ方とは?

催眠術師はバカなのか?

催眠術師と名乗っている人ってバカなのかと思います。

 

みなさんは、『私は催眠術師です』なんていう人がいたら、胡散臭く感じるのではないでしょうか?

 

心理学者やカウンセラーも似たようなものですが、誰かと急激に接触する場合に、立場が著しく違う自己紹介は警戒を生みます。

 

立場が違っても許されるものは、圧倒的に尊敬を得られるか、社会的保証がある場合です。

 

それ以外では、相手に警戒をさせるような自己紹介は無意味ですし、その後のコミュニケーションを失敗させます。

催眠術師に必要な接触の仕方

これはお友達とか、同じ痛みを抱えている、あるいは相手よりも下の存在という入り方です。

 

もちろん、甘えんぼさんにはちょっと上から入って甘えさせるなど、相手によって調整は必要ですが、基本的には相手が緊張しない相手であることです。

 

例えば、同じアーティストが好き、同じアニメがすき、同じ興味趣味がある、同郷など、共通点があると打ち解けやすいです。

 

※映画の『モテキ』がそういう作りになっていますので、見ておきましょう。

 

外見とかは清潔であればそれ以上はどうしようもないです。もちろん、ファッションセンスとかもありますが、無難なくらいでいいです。

 

催眠術師に大事なテンション

相手と接触しているときは楽しくしているのが一番です。

 

少しがんばるくらいでいいです。

 

目的は、自分がうれしいことよりも、相手が喜んでくれることを中心に行います。

 

だから、褒めるとか、認めるという言動が多くなります。

 

こうすることによって、相手は警戒心を解き、一緒にいることに応じてくれます。

 

ピンチは助ける

いろんな意味でピンチの人は多いですから、愚痴を聞いてあげる、落ち込んでいたら遊びに連れて行ってあげるなどを行って、相手の気持ちを助けてあげましょう。

 

もちろん、一人暮らしで、風邪とかインフルエンザなどの場合は差し入れくらいはしてあげましょう。
差し入れができなくても、休んでいる分のノートをとってあげるなどでもいいでしょう。

 

ピンチと言っても、お金とかそういうことはやってはいけません。
つきあっていてもいなくても、そういうところが緩いと思われると使われて捨てられます。

 

キチンとしようと伝えて、一緒に問題解決をしていく。
遊びに行くときもお金の掛からないところにしておきます。

 

お金があってもそうしてください。

 

そうするとこと、二人の間では、クリーンな関係が築けます。

催眠には全く関係ないように見えますが、大事です。

催眠には全く関係ないように見えますが、このようにして精神的な距離を近づけておくことが大事です。

 

相手に恋人がいても同じようにしてください。

 

性的なことはナシにして、いい友達になることです。

 

そして、一人に集中しないで、複数の異性をフォローしておきましょう。

 

PR